« 最長片道きっぷ逆行中!31日目 | トップページ | 達成記念・北海道観光-知床編 »

達成記念・北海道観光-稚内編

V9042287 さて、稚内まで来たのですから、観光したいと思います。昨日ホテルに泊まっててよさそうなパンフを見つけました。それは、宗谷バスの定期観光バスです。大きな時刻表なんかだと後ろのほうにちょろっと書いてあるページがあるので見過ごす人も多いかもしれません。でも、これを使えば、ラクに確実に観光ができると考え、今回使ってみることにしました。今回のコースは、稚内Aコース「日本最北端と北海道遺産めぐり」です。この手の観光バスを使ったことがなかったので、ホテルとかでも予約が要るのか聞いてみたのですが、返事は大概「予約は要らない。そんなに混まないから。」といったものでした。その言葉を信じて稚内の宗谷バスターミナルまで行って申し込むと僕でちょうど6人目。その後何人か増えたみたいで総勢20人弱で観光スタートとなりました。なるほど、予約はいらないね。

P1040922 P1040929 観光バスにはガイドさんもいるので、一人出回るよりいろんな情報を知ることができ、大変便利です。まずバスが最初に向かったのは北防波堤ドームを軽く流して稚内公園です。ダブルデッカーの観光バスが細い路地もがんがん進みます。稚内公園は稚内市内の小高い丘の上にあって、そこには氷雪の門とか、南極犬の慰霊碑とか、七人の乙女の碑とかがあります。この間見に来たときはただ石碑や像を見て回っただけでしたが、そのそれぞれの意味するところを聞き、見方が変わりました。このあたりの歴史的な背景がやはり重要なのかと思います。次に向かったのはノシャップ岬。晴れていれば遠く利尻島や礼文島が見えるらしいですが、こっと向こう側に雲がかかっているせいか、見えませんね。それ以外にノシャップ寒流水族館なるものがあって、時間の関係で中には入れませんでしたが、ペンギンやらアザラシやらが泳ぐプールが外からも見えました。

P1040951 P1040954 ここから一度稚内市内に戻りそのまま宗谷岬に向かいます。宗谷岬は稚内市街地から30km程度離れているため、ちょっと移動に時間を要するのが難点ですが、ここもガイドさんのいろいろな説明やら歌やらで退屈しないで済みます。宗谷岬に行く前に、宗谷丘陵を車窓から見学です。このあたりは広大な野原を牧草にして肉牛が放し飼いされているところです。地形そのものも氷河期に形成された特殊なものである上に、あちらこちらにいる牛たち。なかなか見所十分ですね。宗谷丘陵から宗谷岬平和公園に行きました。ここは宗谷岬を眼下に望むことができる丘の上にあって、平和の鐘とか祈りの像とか稚内灯台とかがあります。丘の上から遠くサハリンが見えるらしいですが、今日はちょっと見通しはよくない感じですね。

P1040967 P1040973 丘の上からバスで下っていくといよいよお待ちかね、宗谷岬です。ここは有名な「日本最北端」の地であるため、いろんなところから観光客やらライダーやらチャリダーやらがやってきます。最北端の碑を撮っていると、チャリダーさんに声をかけられ、写真を撮るように頼まれました。話を聞くと、どうやら日本縦断してここがゴールだとのこと。移動手段は違えど、僕と同じですね。しかし自転車ってのがすごいですわ、やっぱり。宗谷岬の周りには「日本最北端」と書いてあるものがいくらでもあります。なかでも、日本最北端の売店の中には、タダで入れる流氷館というのがあって、ちょっと入ってみました。中は冷凍庫のような寒さでその中には実際に流れ着いた流氷を保存している、というものです。触ってみたらやっぱり冷たいですよ、氷ですから。

宗谷岬を出たらあとは稚内空港を経て稚内駅に戻ってきて観光バスは終了です。なかなか見所をちゃんと抑えてておもしろかったです。バスを降りてから、今後の旅行で使うきっぷ「北海道フリーパス」を買いました。これは、北海道内のJR線に特急を含め乗り放題のきっぷです。道内あちこちまで足を伸ばすにはちょうどいいかな、と思いこれを買いました。で、次に乗る列車は特急サロベツ。まだ出発にはかなり時間があるので、まずは昼ご飯にします。

P1040982 P1040980 今朝ご飯食べていないので、お腹がすきました。なので、駅裏にあった市場「北市場」の2階にある「夢広場」に行きました。今回たのんだのは、かにたこシャブ定食です。稚内といえばたこ、なかでもたこシャブは特に有名です。来たからにはぜひ試してみたいものの1つです。この定食ではさらにかにシャブも楽しめる、おトクな感じがたまりません。味のほうはかにもたこもどっちもおいしかったです。たこがやわらかくってかにもぷりぷりしててたまりませんね。

P1040983 P1040985 食後まだまだ時間があるので、次はさきほどの北防波堤ドームへ行きますと、「北防波堤ドーム・グルメ市」なるものをやっています。始めはただ魚市場がこっちへ移ってきただけか、と思っていましたが、奥に進むにつれ、炭火たいて何か焼いている人たちがいて、焼き物も売っているのか、ということに気付きました。サンマ1匹100円…すごい魅力的。でも、食後だったから食べ切れなさそうなのと、炭火スペースがいっぱいだったため泣く泣く断念。次こそは、サンマ焼いて食べたいな。

P1050004 で、そのあとは稚内駅に戻り、特急サロベツに乗り込みました。昨日ゆっくり上ってきた宗谷本線を特急で一気に下ります。明日もまた観光バスに乗ろうととあるバス会社に電話して予約可能か聞いてみましたが、やはりここと一緒で当日きてくださいとのこと。逆にこれだけ乗客が少ないと大丈夫かなとも思いますが、こればかりはなくなられては困るので、なんとか存続をしてください。

P1050006P1050016 稚内から特急サロベツで宗谷本線を一気に移動します。途中の幌延くらいまでは昨日見れなかった風景を楽しんでいます。ただ、窓が開かないんで、空気を感じるまではできませんでしたが。幌延から先は列車内で飲んだビールが回ってきていい感じにお昼寝です。途中目が覚めたときには音威子府で昨日行き違い待ちをしていた普通列車が止まってました。その後また眠りにつき気がつけば和寒発車後。次の停車駅が旭川です。旭川から別の特急オホーツクに乗り換えます。乗り換えに時間があったので、ちょっと腹ごしらえ。駅を出てちょっといったところにある「らうめん青葉」に行きました。ここのお店はかなりな有名店で、道外からお客さんが沢山くるらしく、注文を厨房に通すときに「神戸のお客さん、しょう油ね」とか言ってました。ちなみに、僕の後にも神戸の方と大阪の方がいらっしゃいました。頼んだラーメンは旭川なのでしょう油です。いい味わいで、麺との相性もよく、おいしかったです。

P1050019 P1050022 旭川から次に乗ったのは特急オホーツク網走行きです。明日の観光地を知床にしようと思ったのですが、知床斜里までもう今日中にたどり着けないんですよね。明日の観光バス出発時刻から逆算すると、網走まで行っておかないと間に合わないため、今日の宿は網走に決定です。特急オホーツクは思った以上に指定席車が混んでて途中の遠軽までは隣に子連れのお母さんがいました。子供がまた時折大声でしゃべるもんだから・・・で、遠軽で多少座席に余裕ができたので、そのお母さんは別の場所に移っていかれました。ただ、車内では先ほどかなり寝まくったため、あまり寝られずに終点網走まで着きました。今夜寝れるのかなあ。

今日のホテルは駅前にある「ホテルルートイン網走」です。いつもの「楽天トラベル」ではなく、「ベストリザーブ」で予約しました。なんかこのホテルにも大浴場があるみたいですよ。でも明日が早いので、外食せずコンビニで晩ご飯にしておきます。明日は知床観光、どうなることやら。

|

« 最長片道きっぷ逆行中!31日目 | トップページ | 達成記念・北海道観光-知床編 »

14.最長片道きっぷ達成記念北海道観光 」カテゴリの記事

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

おっ、ついにゴールですか!
長旅ご苦労さんでした・・・

  :
  :

・・・って、
あれ?
まだ北海道まわるん?
まっ、
とりあえず、元気そうでなにより。

ちなみに、
最近、BLOG見るのが習慣になってしまった自分がちょっと悔しい。

投稿: 寅 | 2006年9月18日 (月) 02時26分

寅さん>
BLOG見てくれてありがとうございます。
ここから先は自分へのご褒美だと思って、楽しんでから帰ることにします。

> ちなみに、
> 最近、BLOG見るのが習慣になってしまった自分がちょっと悔しい。

ちょっとうれしいかも(笑)。

投稿: hasedon | 2006年9月21日 (木) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182838/11937704

この記事へのトラックバック一覧です: 達成記念・北海道観光-稚内編:

« 最長片道きっぷ逆行中!31日目 | トップページ | 達成記念・北海道観光-知床編 »